五輪招致活動「違法性はない」と結論 JOCが調査報告

印刷

   東京五輪の招致を巡る不正疑惑で、日本オリンピック委員会(JOC)の調査チームは2016年9月1日、招致委員会の契約などに違法性はなかったとする調査報告書をまとめた。

   招致委は13年、IOC委員の息子と関係が深いとされるシンガポールのブラック・タイディングス社に対し、コンサルタント料として計約2億3000万円を支払った。報告書では、招致委は両者の関係は知らず、贈与の認識はなかったとして、契約額も不当に高いとは言えないと結論づけた。

   しかし、フランスの検察当局は、贈賄の疑いがあるとみて捜査しており、今後の行方については不透明のままだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中