2018年 8月 21日 (火)

元「キンコメ」高橋被告に懲役2年6月、執行猶予4年

印刷

   お笑いコンビ「キングオブコメディ」(解散)の元メンバー・高橋健一被告(45)が窃盗と建造物侵入罪に問われた裁判で、東京地裁は2016年9月9日に、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

   判決によると、高橋被告は14年から15年にかけ東京都内や神奈川県内の高校に侵入し、教室や女子更衣室にあった制服など計182点、約76万7200円相当を盗んだ。菅原暁裁判官は、犯罪を繰り返しており、犯情は悪いが、25人の被害者のうち16人と示談が成立していて、その大半が寛大な処分を望んでいるなどとして、執行猶予とした理由を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中