舘ひろし「素数に夢中」 「理系俳優」の素顔に「素敵」と話題

印刷

   「あぶない刑事(デカ)」シリーズなどで知られる俳優の舘ひろしさん(66)が、NHK番組の中で「素数に夢中」と明かしたところ、ネットで「素敵」「ダンディ」と好意的な反響が寄せられている。

   舘さんが出演したのは、2016年9月22日放送のNHK「スタジオパークからこんにちは」。舘さんの意外な素顔を紹介するコーナーで、「たい焼き好き」に続く2項目として「素数に夢中」が取り上げられた。

  • 2、3、5、7、11…(画像はイメージ)
    2、3、5、7、11…(画像はイメージ)

「ロマンがあるんですね」

   「学生時代から数学は好きだった」という舘さん。素数には「ロマンがあるんですね」と、クールな印象の舘さんにしては熱い語り口調でその魅力を語った。きっかけは、2007年に放送された、素数を扱ったNHKスペシャル「魔性の難問 リーマン予想・天才たちの闘い」を見たことだそうだ。

   素数とは、広辞苑(第6版、岩波書店)によると「1およびその数自身のほかに約数をもたない正の整数。1を除いた、2、3、5、7、11など。無限に存在する」。

   舘さんの話は、素数の問題とも格闘したノーベル経済学賞を受賞した数学者ジョン・ナッシュから、3次元、4次元、11次元の世界にまで及んだ。

   司会のひとりを務める女優の竹下景子さんらは、舘さんの話に

「えーはー」
「あーはー」

と、しきりに相槌を打っていたが、視聴者が投稿したツイッターには、

「舘ひろしが素数の美しさについて熱弁してて、相槌打つ司会者大変そう」
「インタビュアーらとの間の噛み合わなさが半端ない」

といった指摘も寄せられていた。NHK総合ではなく、Eテレ(教育テレビ)で舘さんの話を聞いた方が良かったのではないか、という声もあった。

   舘さんの素数好きエピソードをうけ、ツイッターでは、

「(素数も)たい焼きも愛するダンディな男」
「素敵」
「わたしの中の舘ひろし好感度が超アップ」

といった反応が相次いでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中