2021年 9月 23日 (木)

親が願いを込めたキラキラネーム 子は複雑「年取ったら恥ずかしいかな」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   漫画家・小説家の内田春菊さん(57)が、自身の子ども4人に「法則性のある名前」をつけていると、テレビ番組で紹介された。ギリシャ文字に当て字をしており、正確に読み取るのは容易ではない。ツイッター上では「キラキラネームすぎ...」といった投稿が相次いだ。

   一風変わった名前を親につけられた子どもたちは、どう思っているのだろうか。インターネット掲示板には、自分の名前についての相談も見つかる。

  • 全員キラキラネームの兄弟もいる(写真はイメージ、本文とは関係ありません)
    全員キラキラネームの兄弟もいる(写真はイメージ、本文とは関係ありません)
  • 全員キラキラネームの兄弟もいる(写真はイメージ、本文とは関係ありません)

内田春菊さんの4人の子は「在波、紅多、紅甘、出誕」

   内田春菊さん親子は2016年9月22日放送の『想像を絶するテレビ』(日本テレビ)にVTR出演した。番組で披露された子どもたちの名前は、長男・在波(あるは)、長女・紅多(べえた)、次女・紅甘(ぐあま)、次男・出誕(でるた)だ。

   春菊さんは由来も話した。まず長男が生まれた時、「未知の可能性を持つ子になるように」という願いを込め、「プラスアルファ」から取った。長女は「1人目がアルファだから、次はベータかな、と」。3人目は、順番的に当初はガンマにしようと考えたが、「女の子なのに音が強めなのはどうかと思って」と、若干読みを崩した。そして、「4人目はデルタとつけないわけにはいかない」。

   番組で、紅多さんは「学校で先生に名前を呼ばれた時、『べえた』って言うのかと驚かれて、名前をきっかけに友達もできた」と話した。紅甘さんも「インパクトがあって覚えてもらいやすいから、得したなと思う」と、本人にとっては珍しい名前がプラスになっているような答えだった。出誕くんは「漢字はもう少し良いのが欲しかった」と苦笑いしたが、「名前自体は誇りに思っている」という。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中