2018年 8月 17日 (金)

すい臓がん発見時「ステージ4」は4割超 国立がん研究センターが集計結果公表

印刷

   国立がん研究センターは2016年9月26日、2014年のがん診療状況の集計結果をウェブサイトで公表した。集計は、厚生労働省が指定する「がん診療連携拠点病院等」421施設が提供したデータを元に行われた。

   治療開始前にがんがどれだけ進行していたかを部位別に見ると、膵臓(すいぞう)がんは最悪の「ステージ4」が43.4%にのぼった。ステージ3は13.2%、ステージ2は26.9%で、2~4の合計で8割を超えた。ステージ1は11.3%、ステージ0は1.1%で、単純に合計すると12.4%だった。

   日本人のがん死亡原因の上位3つを占め、「3大がん」と呼ばれる胃・大腸・肺がんでの、治療開始前のステージ2~4の割合の合計は、胃がん32.5%、大腸がん47.0%、肺がん55.6%。ステージ0~1の割合の合計を見ると、胃がん63.0%、大腸がん34.9%、肺がん40.5%だった。これらと比較すると、膵臓がんは治療開始時点でステージ2以降に進行している患者が多く、ステージ0~1で発見できた患者は少なかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中