2018年 10月 21日 (日)

環境基準上回るベンゼン、ヒ素を検出 豊洲の地下水調査で都が発表

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京都は2016年9月29日、豊洲市場(江東区)で行っている地下水のモニタリング調査で、青果棟がある「5街区」の3か所で環境基準を上回る有害物質が検出されたと発表した。

   「盛り土」がされていなかった結果生まれた「たまり水」は、雨水ではなく地下水が由来だと判断されていたが、これまでの「たまり水」・地下水の調査で検出されたベンゼンやヒ素は環境基準を下回っていた。地下水から環境基準を上回る有害物質が検出されたのは初めてで、「盛り土」問題に波及するのは確実だ。

  • 今回の調査結果が「たまり水」問題に波及するのは確実だ(共産党都議団9月14日夕撮影・提供)
    今回の調査結果が「たまり水」問題に波及するのは確実だ(共産党都議団9月14日夕撮影・提供)

過去7回の地下水調査では環境基準下回っていた

   有害物質が検出されたのは、全201か所の観測地点のうち3か所。ベンゼンの環境基準は1リットル当たり0.01ミリグラムだが、計2か所で0.014ミリグラム、0.011ミリグラムが検出された。ヒ素の環境基準も1リットル当たり0.01ミリグラムで、1か所で0.019ミリグラムが検出された。今回出た結果は、全部で9回予定されている地下水調査のうち8回目の速報値で、調査対象の地下水は16年8~9月に採取された。これまでの7回の調査で検出された有害物質は、いずれも環境基準を下回っていた。最後の9回目の調査では、11月18日以降に地下水を採取し、結果は17年1月に公表される。

   「たまり水」をめぐっては、「専門家会議」メンバーが9月24日に地下空洞を視察後に会見し、雨水ではなく地下水だと断定したばかり。この「たまり水」から検出されたベンゼンやヒ素は、いずれも環境基準を下回っていた。

   都では今回、

「今後、土壌汚染対策工事と地下水管理に関する協議会、専門家会議及び市場問題プロジェクトチームにおける検証を踏まえて、適切に対応してまいります」

とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...