2019年 1月 21日 (月)

憎まれ者の蚊が人命救助に一役 汗のにおいを感知し不明者捜索

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   「ブゥ~ン」と近づいてくる羽音を聞いただけで不愉快になる蚊。マラリヤやジカ熱など多くの感染症の元凶となる憎まれ者だが、人命救助に一役買うことになった。

   東京大学と神奈川科学技術アカデミーの合同研究チームが2016年10月7日、蚊の持つ人間の汗のにおいを感知する能力を生かし、災害現場で行方不明者を捜索するロボットの開発に成功したと発表した。

  • センサーを搭載した救助ロボット(東京大学生産技術研究所の発表資料より)
    センサーを搭載した救助ロボット(東京大学生産技術研究所の発表資料より)

においセンサーを搭載した救助ロボット開発

   東京大学生産技術研究所の同日付発表資料によると、同研究所の竹内昌治教授らのチームは、蚊の触覚にある臭覚受容体が、細胞膜で人間の汗などのにおい成分を感知し血を吸っていることに着目。人間の汗のにおい成分である「オクテノール」にだけ反応する受容体を人工的に合成し、人工細胞膜に組み込んだ。そして、この受容体が汗のにおいを感知すると電流が流れるセンサーを作り移動ロボットに搭載した。

   実験では、「オクテノール」をロボット周辺に漂わせると、ロボットがにおいのある方向に動くことに成功した。地震や土砂崩れなどの災害現場で、がれきの下になどに埋まっている不明者を探す救助ロボットとして役立つことを期待している。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中