2018年 9月 19日 (水)

訪日客の消費額、7~9月期は前年比約3%減に 爆買い下火など影響

印刷

   外国人観光客の消費額が2016年7~9月期は9717億円で前年同期に比べて2.9%減少したと、観光庁が10月19日に消費動向調査の結果を発表した。

   円高が響いたほか、消費額全体の半分近くを占める中国人らの爆買いが下火になるなどしたためとみられている。四半期での消費額減少は、4年9か月ぶりとなる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中