2021年 11月 28日 (日)

指原「私やっぱり下品だから」 「好感度」より「影響力」で仕事取る

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   HKT48の指原莉乃さん(23)が、意外にも「好感度調査は全く気にならない」ことを明かした。

   唯一関心があるランキングは、エンタメ誌の「タレントパワーランキング」。指原さんはAKB48グループのファン以外への知名度も高く、知名度と好感度は密接に関係しそうだ。なぜ「好感度」よりも「影響力」なのだろうか。

  • HKT48の指原莉乃さん。「好感度調査は全く気にならない」とは言うが…
    HKT48の指原莉乃さん。「好感度調査は全く気にならない」とは言うが…
  • 初めて「選抜総選挙」で連覇した指原莉乃さん。総選挙の結果も「好感度」に影響しそうだ
    初めて「選抜総選挙」で連覇した指原莉乃さん。総選挙の結果も「好感度」に影響しそうだ
  • HKT48の指原莉乃さん。「好感度調査は全く気にならない」とは言うが…
  • 初めて「選抜総選挙」で連覇した指原莉乃さん。総選挙の結果も「好感度」に影響しそうだ

「結局世間の人って、うちらのことどうでもいいんですよ」

   指原さんの「好感度」に関する発言が出たのは、2016年10月21日未明に放送された「HKT48のおでかけ!」(TBS)。この日の放送は、司会のフットボールアワー・後藤輝基さん(42)と指原さんの好感度アップのために、デビューしたばかりのHKT48の4期生が街頭で2人のイメージについて調査する、という内容。そのロケのVTRが流れる前のスタジオで、指原さんが

「私全然好感度高くないから...、やっぱり下品だから...」

と自己分析したのに対して、後藤さんも

「『好感度高くない』という好感度が高い。『あいつはバカだ』とか『ちょっと頑張ったら口説けるんちゃうか』とか...。そういう意味での好感度の低さで(かえって好感度が)高いよね」

などと分析。指原さんは

「街頭の声聞く仕事が基本的に好きじゃなくて...。意味ないじゃないですか」
「あんまり仕事に影響してこないじゃないですか、結局。結局世間の人って、うちらのことどうでもいいんですよ」

と、自らの好感度について否定的な発言を続け、

「好感度調査は全く気にならないんですけど、日経エンタ!のタレントパワーランキングだけ(気になる)」

と述べた。「好感度」は仕事に影響しないが、「タレントパワー」は影響すると考えているため重大な関心を払っている、というわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中