2022年 1月 19日 (水)

指原「私やっぱり下品だから」 「好感度」より「影響力」で仕事取る

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

著書では「好感度を貯金する」

 

   「好感度調査は全く気にならない」とする指原さんだが、実際には好感度も指原さんにとって重大な関心事だ。自らの著書「逆転力~ピンチを待て~」(講談社AKB48新書、2014年)では、「好感度を貯金する」と題して、大きなコンサートで初めて会うスタッフや、楽屋ですれ違うメンバーの家族にあいさつすることの重要性を強調している。

「『指原さんとすれ違ったけど、怖そうな顔してたよ』っていう印象を持たれるよりは、『あいさつしてもらった』っていうほうが絶対いいじゃないですか。しかもその姿を、誰かが見てくれているかもしれない。好印象ゲットです」

   その上で、仮に「無意識のうちについ不機嫌な態度をしてしまうこと」があったとしても、

「貯金があるから、『さっしーは普段頑張ってるから、たまにはそういう時もあるよね』で収まると思うんです」

と説いている。また、握手会でも、1人あたり7秒ほどしかない時間の中で「頑張る!応援してね!」などと笑顔で応えている。

   現実には、業界関係者や一般のファンからの好感度にも配慮しているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中