衆院補選、自民が「2勝」 東京10区と福岡6区

印刷

   衆院東京10区と福岡6区の補選が2016年10月23日投開票され、自民公認の前職、若狭勝氏(59)=公明推薦=と無所属新人で前大川市長の鳩山二郎氏(37)がそれぞれ当選した。東京10区では、若狭氏は都知事に転出した小池百合子氏の「後継」として終始有利に戦いを進めた。福岡6区の補選は、鳩山邦夫・元総務相の死去にともなうもので、次男の鳩山二郎氏は「弔い選挙」を前面に押し出していた。鳩山氏は自民党福岡県連などが推す蔵内謙氏(37)と公認を争ったが、両氏とも無所属で出馬。自民党は当選後に鳩山氏を公認し、事実上の「2勝」になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中