ソニーグループ会社の元役員ら、約9億円を着服

印刷

   ソニーは2016年10月28日、半導体設計を手がけるグループ会社、ソニーLSIデザインの元役員と元社員複数が取引先との間で架空の業務発注を繰り返し、会社の金銭を不正に着服していたことが判明したと発表した。同社は関与した元役員、元社員5人を28日までに解任・懲戒解雇した。

   発表によると、元役員らは12年2月から16年9月の約4年半にわたり不正行為を繰り返し、同社に約9億円の損害を与えたという。関与した元役員や元社員の刑事告訴も視野に、調査を進めるとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中