「結婚したくない」20代男性が7年前の2倍に 女性はどう考えているのか 

印刷

   「結婚したくない」と考える20歳代の男性は2015年度に2割を超え、2008年度の2倍近くに増えたことが、独立行政法人・国立青少年教育振興機構の調査でわかった。

   一方、女性は「早く結婚したい」と「結婚したくない」の割合がいずれも増えたが、「結婚したくない」と考える女性は16.0%と男性より少なかった。「子供はほしくない」という男女も倍増している。

  • 「結婚したくない男性」が増えている・・・
    「結婚したくない男性」が増えている・・・

「子供はほしくない」も急増

   国立青少年教育振興機構が2016年11月1日に発表した「若者の結婚観・子育て観などに関する調査」は、全国の20~30歳代の男女4000人を対象に、2015年度に実施。2008年度と比較した。

   その結果、結婚願望の現状は、20歳代の男性は「早く結婚したい」が5.3ポイント減って12.1%。「結婚したくない」は9.7ポイント増えて21.6%となり、結婚に消極的な傾向が強まった。一方、女性は「早く結婚したい」が25.5%、「結婚したくない」が12.9%だった。いずれも増加した。

   年代別にみると、男女とも年代が上がるにつれて「早く結婚したい」人の割合が低下し、「結婚したくない」人の割合が増えている。

   年収別にみると、「結婚したくない」と考えている人の割合は「100万円未満」が26.8%で最も高く、「100万円以上200万円未満」が22.0%、「200万円以上300万円未満」が16.3%、「300万円以上400万円未満」17.1%、「400万円以上500万円未満」が16.0%、「500万円以上」が15.1%となった。

   同機構はこうした結果から、「結婚したくない」という若者の増加は、「若者の収入の低さ」に要因があるとみている。

   一方、子供のいない人(2850人)に子供について聞くと、「結婚後も子供はほしくない」と答えた人は24.8%にものぼった。子育て願望は、「夫婦生活が安定したらほしい」という人が27.0%で最多だったが、「子供はほしくない」人はそれに次ぐもので、前回(2008年度)調査と比べて約2倍に増えた。また、「子供はほしくない」人の割合は男性(25.6%)のほうが高かった。

   以下、「夫婦生活を十分に楽しんだ後にほしい」が19.5%、「結婚したらすぐにでもほしい」(18.2%)と続いた。

   年代別にみると、20代は約2割なのに対して、30代は約3割にのぼっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中