「結婚したくない」20代男性が7年前の2倍に 女性はどう考えているのか 

印刷

結婚したくないのか、できないのか

   こうした調査結果に、インターネットでは、

「結婚するメリットがデメリットより少ないんだよなぁ」
    「結婚したくないんじゃないんだ。できないだけなんだ...」
    「結婚に対してネガティブ情報が多すぎるんだよな」
    「昔から言うもんねぇ、結婚は人生の墓場って...」
    「そりゃ自分の生活で手一杯なうえ、女性の要望、要求は上がる一方なんだから独身貴族でいたほうが楽でしょw」
    「嫁も子どももほしいがそれ以上に金がほしい」

といった声が寄せられている。

   ネットの声からも、若者が「結婚しない」「結婚したくない」背景に、収入の低さがあることがうかがえる。

   それに加えて、国立青少年教育振興機構が着目しているのが、家庭や地域の役割だ。

   今回の調査結果では、小学生のときまでに集団活動を体験する機会が多かった人ほど、現在「『結婚したい』『子供はほしい』と思う傾向がみられた」と指摘している。経験の多い人の結婚率は約5割で、経験の少ない人に比べて約15ポイント高かった。

   なかでも、「友だちとの遊び」「地域活動」「家族行事」といった「人間的なふれあい」を多く体験した人ほど、「結婚したい」という割合が高いことがわかった。近所の人とあいさつする人ほど、結婚や子育て願望が強いとの結果も出た。

   さらに、中学生・高校生のときに異性とのコミュニケーションを面倒だと思っていた人ほど、「結婚したくない」と思う傾向がみられるという。

   同機構・青少年教育研究センターは、「調査からは、小学生までの遊びの経験が質・量ともに減っていたり、コミュニケーションが不足したりする傾向があることがわかりました。社会環境の変化が原因といえますが、それを家庭や地域がつながり、生活実態にあわせてコミュニケーションを増やしていく努力が必要になってきていると思います」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中