虚偽の募金会見にダマされたマスコミ 掲載・謝罪したのは、あの新聞社と...

印刷

   小学校1年のおいが重い心臓病を患いアメリカで移植手術を受ける事になったため募金をお願いしたい、という記者会見が2016年11月8日に厚生労働省記者クラブで開かれ、複数の新聞が記事にしたが、会見の内容は全くの嘘で、カネ目的の芝居だった。

   会見を仕切った幹事会社は読売新聞。同紙は警視庁に情報提供するとともに、担当記者らの懲戒処分を検討している、と発表した。それにしても、なぜ騙されることになったのだろうか。

  • 児童に心臓の疾患は無かった(画像はイメージ)
    児童に心臓の疾患は無かった(画像はイメージ)

ネットでは「うさんくさい」の声

   嘘の会見内容を記事にしたのは読売新聞、産経新聞。共同通信の配信を受け掲載した長崎新聞などの例もある。他に一部のテレビ局も報じた。

   元々の記事は、「拡張型心筋症」を患う6歳の小学生男子がロスアンゼルスで心臓移植をすることになり、1億5000万円を集めるため36歳の叔母が「りたくんを救う会」を立ち上げ、11月8日に厚労省で募金を呼びかける記者会見を開いた、というもの。現在児童は補助人工心臓を装着し、入退院を繰り返し、寝たきりで小学校に登校できない、として、読売新聞は児童の写真と「救う会」の連絡先とホームページアドレスも9日付の朝刊東京版に掲載した。

   そして10日、読売新聞と産経新聞は記者会見の内容は虚偽だったとし、謝罪と記事の削除を発表した。問題の児童は心臓に疾患は無く、元気に小学校に通っている。記者会見の記事を知った両親が9日にメディアの取材に答えたもので、「救う会」といった活動も知らされておらず、弁護士を立てた。おばも嘘を認め、

「会見はウソで、お金が目的だった。借金があった」

などと語っているという。

   実は、この記事が出た段階で、ネット上ではおばがやっている活動を疑問視する声が多く出ていた。「救う会」のホームページが存在していて、集めたお金の使用用途が記されているが、渡航費が4500万円(チャーター機、航空券、救急車搬送費) となっていて他の同じようなケースでは1000万円程度のため、カネをかけ過ぎであり、全体的にうさんくさいという声が挙がっていた。また、国内移植待機者も疑問視し、「拡張型心筋症補助人工心臓体験記」の「Satoru Ishii」さんは同ホームページで、

「救う会のあるべき姿より外れている」

と論陣を張った。

   まず、「救う会」のホームページには会の所在地が記されていないし規約も存在しないため、これを詐欺と感じる人もいるはずだし、親族が代表になることはない、とした。また、記事には「補助人工心臓を装着」と書いてあるが、この装置は大きいため装着したままでの移動は難しく、そもそも退院できるはずはない。そして、臓器移植に関して組織や医療関係者、ドナーなど多くの人たちが普及のため努力をし続けて来たのに、今回のような怪しげな発表が出てしまったことに、

「長きに渡り努力されてきた方達の行いが無になってしまうのではないかと懸念してなりません」

と訴えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中