2018年 7月 18日 (水)

BABYMETAL紅白落選は正解 ファン「ほっとした」

印刷

   初出場アーティストの増加、大御所の落選が目立った2016年の紅白歌合戦。出場者発表は、各アーティストのファンの明暗を分けた。

   「メタルとダンスの融合」を掲げて海外でブレイクしたダンスユニット「BABYMETAL」(ベビメタ)は、出場を確実視されながら落選したグル―プの1つだ。しかし、ファンの多くは意外にも「ほっとした」「出なくてよかった」と安堵している。

  • 紅白には合わない?(BABYMETAL公式サイトより)
    紅白には合わない?(BABYMETAL公式サイトより)

話題性や実績は十分だったが...

   BABYMETALをめぐっては、「アイドルユニットでありながら高い音楽性も人気で、日本と海外の懸け橋になる」(16年10月19日付け「週刊女性PRIME」)、「今回、はじめて出演するのではと話題になっている」(11月14日付け「リアルライブ」)と、紅白出場を予想する報道が少なくなかった。

   確かに、4月1日リリースのセカンドアルバム「METAL RESISTANCE」が日本人としては故・坂本九さん以来、53年ぶりにアメリカ・ビルボード誌の総合アルバムチャートでトップ40にランクインするなど、話題性、実績は十分だった。

   しかし、11月24日に発表された出場歌手一覧にその名前はなく、惜しくも「落選」。リアルライブの同日付け記事は「声がかかったものの辞退したとしか考えられない」といった識者の声を伝えている。予想外の結果は各方面に衝撃を与えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中