2019年 1月 22日 (火)

岐阜・美濃加茂市長に逆転有罪判決 浄水池装置めぐる受託収賄罪

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   岐阜県美濃加茂市の浄水装置の設置をめぐって、市長の藤井浩人被告(32)が受託収賄などの罪に問われた裁判で、名古屋高裁(村山浩昭裁判長)は2016年11月28日、1審の無罪判決を破棄し、懲役1年6か月、執行猶予3年、追徴金30万円(求刑懲役1年6か月、追徴金30万円)の有罪判決を言い渡した。各メディアが報じた。

   藤井被告は市議時代の2013年4月、同市の中学校に浄水装置を設置するよう便宜を図った見返りとして同市の設備会社社長から計30万円の賄賂を受け取ったとして罪に問われた。

   1審・名古屋地裁では16年3月、贈賄側の供述に不自然な点があるとして無罪判決が出ており、検察が控訴していた。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中