2018年 9月 19日 (水)

北斗晶、14か月ぶり「5時夢」復帰も 「相棒」岡本夏生は不在のまま...

印刷

   乳がんを患い闘病中だったタレントの北斗晶さん(49)が2016年11月29日、「5時に夢中!」(TOKYO MX)に生出演し、約1年2か月ぶりにテレビ復帰を果たした。

   ツイッター上には「おかえりなさいー!!」「お元気そうでよかった!」「めっちゃ嬉しい」といった声が続々と上がったが、同時に複雑な思いを抱える5時夢ファンも少なくなかった。かつての「相棒」、岡本夏生さん(51)が隣にいないためである。

  • 岡本夏生さん(左)と北斗晶さん(右/画像は公式ブログのスクリーンショット)
    岡本夏生さん(左)と北斗晶さん(右/画像は公式ブログのスクリーンショット)

北斗休業直後は「私たちが頑張ってこの番組を守る」

   北斗さんは2006年4月から火曜日コメンテーターとしてレギュラー出演。2011年10月からは岡本夏生さんとタッグを組み、息の合った掛け合いをみせてきた。15年9月に北斗さんが乳がんを公表した際には、岡本さんが長文ブログで熱いエールを送り、翌週の放送でも

「私たちが頑張ってこの番組を守って、アキラ・ホクトが帰ってくる前になくなってしまわないように、何とかこの椅子をキープして待っていたい」

と、神妙な面持ちで語っていた。

   MXは北斗さんの代役を立てず、毎週ゲストを呼ぶ形をとることにしたのだが、16年3月29日に「事件」が起きた。岡本さんが番組エンディングで突然降板を発表したのだ。そのため、今回隣に座っていたのは、岡本さんの後に火曜コメンテーターとなった作家の岩下尚史さん(55)だった。

   北斗さんの復帰を待ちわびていた5時夢ファンは、放送開始直後からツイッター上で喜びの声をあげると同時に、

「夏生嬢との絡みが見たかった」
「岡本夏生さんとのコンビが本当に大好きでした」
「北斗の隣は岡本夏生じゃなきゃダメなのよ」
「岡本夏生も復活してほしいなあ」

などと、岡本さんの不在を寂しがった。

岡本降板後に流れた「不仲説」

   ただ、当事者たちが再共演を望んでいるのかは不明だ。というのも、岡本さんの降板理由の1つが北斗さんに関係するとみられているためだ。

   岡本さんは降板発表時、「インフルエンザにかかった後、診断書も持たないまま番組に出演したことで、佐々木健介さん(北斗さんの夫)をはじめとする出演者やスタッフに心配をかけた」ことを理由の1つに挙げた。この時、北斗さんから表立ったコメントがなかったこともあり、ネット上では2人の不仲説が囁かれるようになる。降板翌月の15年4月には、岡本さん自らブログで不仲説に触れたが、否定も肯定もしなかった。

   今回の生放送中、北斗さんは岡本さんについて一切触れず。視聴者から「以前の5時夢と変わったところがあれば教えてください」と聞かれた際も、岡本さんについて答えることはなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中