2018年 7月 19日 (木)

潘事務総長、「ポスト朴」へ下心 突然、元大統領の墓参意向

印刷

   韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が2018年2月の任期前の退任を表明したことで、焦点は「次の大統領」に移った。ここでにわかに注目を集めているのが、16年12月で退任する国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長の動向だ。

   潘氏は、日本メディアに対して「友人や韓国社会のリーダーたちと話し合いたい」と意味深な発言をしている。また周辺人物は、潘氏が韓国帰国後、元大統領らの墓地を参拝する意向を持っているなどと語っている。こうした一連の動きは、出馬への地ならしと受け止められている。

  • 朴槿恵(パク・クネ)大統領(左)と国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長(右)。潘氏の動向が注目されている(UN Photo/Eskinder Debebe)
    朴槿恵(パク・クネ)大統領(左)と国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長(右)。潘氏の動向が注目されている(UN Photo/Eskinder Debebe)

歴代ファーストレディーを訪問し、元大統領の墓参りも

   潘氏は11月28日に日本メディアが行ったインタビューで、

「私人として帰国後、母国のために私に何ができるのか、するべきなのか、友人や韓国社会のリーダーたちと話し合いたい」(朝日新聞)

と、出馬に含みを持たせている。さらに、聯合ニュースなどによると、国連の金垣洙(キム・ウォンス)事務次長が11月19日、ソウルで与党・セヌリ党の鄭鎭碩(チョン・ジンソク)院内代表と会談。その中で金氏は、潘氏の帰国後について

「金大中、金泳三、盧武鉉(ノ・ムヒョン)歴代大統領の夫人を訪問し、過去10年の国連事務総長としての仕事について話をする」
「国立墓地で元大統領の墓地も参拝する」

などと明らかにしたという。こういった動きについて、聯合ニュースは

「左右の陣営を越えた国民統合の歩みを優先することで、過去10年間の国内の空白を埋めようとしているとみられる」

と分析。潘氏は、盧武鉉・元大統領の葬儀に参列しなかったとして批判された経緯もあるだけに、今回の動きは関係修復に向けた動きとして注目されそうだ。聯合ニュースでは、金事務次長の訪韓について、潘氏の大統領選に向け、情勢を把握する目的だと分析している。

世論調査では2位につける

   世論調査でも潘氏は2位につけている。調査会社のリアルメーターが11月21日から25日にかけて行った世論調査の結果によると、次期大統領候補として最も支持率が高かったのは、野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)で、前週より0.6ポイント高い21%の支持を得た。潘氏の支持率は、その次に高い17.7%(同0.4ポイント減)だった。朴大統領を退陣後に「拘束・処罰せよ」などと過激な主張を展開していることで知られる李在明(イ・ジェミョン)城南市長は1.9ポイント支持を増やし、3番目に多い11.9%の支持を得た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中