LINEも通話履歴ものぞき放題 「Androidアナライザー」が怖すぎる

印刷

   「ついに...LINEのメッセージも監視できます!」――。こんな謳い文句のソフト「Androidアナライザー」の利用者が今、続々と逮捕されている。

   開発元企業の公式サイトによると、Androidアナライザーはスマートフォンを「リアルタイムで徹底監視&追跡」するツール。取得可能な情報は、LINEのやりとりだけでなく、GPS情報やSMSのログ、通話履歴など多岐にわたる。

  • 浮気相手とのLINEも筒抜け?(画像はイメージ)
    浮気相手とのLINEも筒抜け?(画像はイメージ)

逮捕者続出

   Androidアナライザーをめぐってはこれまでに、京都府警や富山県警、島根県警が不正電磁的記録取得、同供用の疑いで男女4人を逮捕している。

   いずれの容疑者も、知人や交際相手のスマートフォンにソフトをダウンロードし、データを取得していたという。

   そして捜査の手は開発元の「インターナル」(横浜市)まで伸び、神奈川県警が社長・石田渉容疑者(40)らを逮捕。2016年11月30日には、社長ら3人が再逮捕され、新たに関連社員の男1人も逮捕された。

   逮捕者続出のAndroidアナライザーとは、一体どんなソフトなのか。同社公式サイトで紹介されている用途は、「電話帳、クレジットカード情報、プライベート写真、仕事の資料...個人情報が入ったアンドロイド端末の盗難・紛失対策」「端末内データのバックアップ」「子供や祖父母の防犯対策としての居場所確認」「サボり癖のある社員の勤怠チェック」などだ。

   使い方は簡単だ。まず、監視対象のスマートフォンに、パソコンからソフトをダウンロード、インストールさせる。すると、スマートフォン上で取った行為が、そのパソコンから丸見えになる。

   価格は1台の端末を監視可能なモデルが9800円(税別)、監視範囲を2台に広げて写真や動画のバックアップも可能な「Pro」版が1万9800円(税別)。値段の手頃さと使い勝手の良さから、利用者は増えていたようだ。

「最凶の浮気監視アプリ」

   一方、同社公式サイトで紹介されている用途以外に、「浮気・不倫調査」を目的にした利用も多かったようだ。

   11月30日付け毎日新聞電子版記事によると、石田容疑者らは「浮気調査の関連サイトばかりを選んで宣伝広告を出していた」という。

   確かに、複数のサイトで

「最凶の浮気監視アプリ」
「浮気調査アプリ」
「浮気LINEがダダ漏れ」

と紹介されているのが確認できた。

   なお、インターナルの公式サイトには

「他人のAndroid端末に無断で本ソフトをインストールすることは、プライバシー侵害にあたります。絶対に行わないでください。第3者の端末にインストールする場合は、必ず使用者本人の合意の下で行ってください」

との注意書きが明記されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中