2018年 10月 16日 (火)

「ブラック企業大賞」、電通、仁和寺など10法人がノミネート 

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   弁護士やジャーナリストらによる「ブラック企業大賞」実行委員会は2016年12月1日、長時間労働や残業代未払いなど労働環境に関する問題を抱える10法人をノミネートしたと発表した。

   5回目となる今回は、15年12月に女性新入社員が過労自殺した広告大手の電通や、元料理長の長時間労働をめぐる裁判で話題を集めた京都右京区の宗教法人、仁和寺をはじめ、ドン・キホーテ、日本郵便、関西電力、佐川急便、外食チェーンのサトレストランシステムズ、印刷サービスのプリントパック、デイサービスのディスグランデ介護、棚卸代行のエイジスが選ばれた。

   実行委員会はノミネート理由の詳細をウェブサイト上で公開している。12月22日までウェブ上で一般投票を行い、23日に都内で行われる受賞式で大賞を発表する予定。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...