2019年 1月 20日 (日)

「ばびろんまつこ」が解脱 ツイッターで「御釈迦様」に?

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   高級車やブランド品に彩られた生活を見せびらかす「キラキラアカウント」として、ツイッターをにぎわした「ばびろんまつこ」。

   偽ブランド品の販売容疑で逮捕された2015年10月以降、更新を中止させていたものの、アカウント名を変え、ひっそり「復活」していた。J-CASTニュースは今回、気になる近況を高校時代の友人に取材した。

  • 「解脱」の理由は…(画像は「御釈迦様」のツイッターアカウント)
    「解脱」の理由は…(画像は「御釈迦様」のツイッターアカウント)

「ばびろんまつこからイイねされた...えっ!!?」

   仏像のアイコンに、仏教絵画のヘッダー画像、アカウント名は「御釈迦様」。見た目にも一切「キラキラ」要素はないが、このアカウントこそ、IDから「ばびろんまつこ」本人とされている。

   「ばびろんまつこ」こと松永かなえさんは、15年10月28日、偽ブランド品をオークションサイトで販売したとして、詐欺と商標法違反の容疑で京都府警に逮捕。「週刊文春」(16年12月31日・1月7日 新年特大号)によると、15年11月に処分保留で釈放された。

   ツイッターの更新は逮捕後、途絶えていた。しかし、16年4月ごろから活動を再開させていたらしい。

   ニュースサイト「Yomerumo」の4月1日付け記事によると、同日までにアカウント名を「故ばびろんまつこ」とし、遺影風に加工した自身の写真をアイコンに、祭壇の写真をヘッダーとした。そして、2日、アカウント名やアイコン、ヘッダー画像を「御釈迦様」の仕様(16年12月2日現在と同じもの)に変えたのだという。

   一方、2月3日にあるツイッターユーザーが

「みんな!!!ちょっと待って!!これ見て!!!ばびろんまつこからイイねされた......えっ!!?」

と報告しており(当該ツイートはすでに削除)、もう少し前に「復活」していた可能性も考えられる。

高校時代の友人「30歳の同窓会、来るのかな...」

   「御釈迦様」はツイートを公開していないが、16年6月から12月2日昼にかけて

「ばびろんまつこ帰ってきてください‥」
「ばびろんまつこさんが大好きだった」
「ばびろんまつこさんのキラッキラツイートは面白かった」

といった「ばびろんまつこ」への称賛ツイートをいくつか「いいね!」している。

   一体、今どこで何をしているのか。松永さんと同じ高校に通っていた20代後半の友人は、J-CASTニュースの取材に対し、「近況はまったく分かりません」と声を落とす。

   「ばびろんまつこ」時代に、同じ高校時代の友人とツイッターで交流していたことは把握していたものの、「今もやり取りしているのかどうかは分かりません」という。

   「成人式の同窓会で、彼女は幹事をやったんです。その時、みんなで『30歳になったらもう一度同窓会をやろう』と話していました。再び幹事をするのか、そもそも来るのかすら分からない状態です」

   J-CASTニュースは1日昼前から「御釈迦様」に、ツイッターを通じて取材を申し込んでいるが、2日14時までに返答はない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中