武藤まき子さん死去に小倉悲痛 「とくダネ!」冒頭35分の異例大特集

印刷

   「おまきさん」の愛称で知られる芸能リポーター・武藤まき子さんが2016年12月6日、虚血性心不全のため亡くなった。71歳だった。

   これまで頻繁に出演していた情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)は7日の放送で、冒頭35分以上を割き、武藤さんの仕事を特集した。

  • 冒頭から始まった特集は35分以上におよんだ(12月7日放送の「とくダネ!」より)
    冒頭から始まった特集は35分以上におよんだ(12月7日放送の「とくダネ!」より)

笠井アナ「『恋のバカンス』とか、もう聴けないのか」

   「とくダネ!」キャスターの小倉智昭さんは12月7日の番組放送開始直後、沈痛な面持ちで、武藤さんの死を報告。

「私たち身内同然で、本当に『とくダネ!』を愛してくれていた。数多くの芸能人からも『おまきさん、おまきさん』と慕われていた」

と偲んだ。同番組はその後、武藤さんのVTRや番組スタッフらの思い出話を35分以上にわたって流した。

   武藤さんは山梨県出身。青山学院大学卒業後、中国放送(広島県)のアナウンサーを経て、フリーに転身した。1982年に始まった情報番組「おはよう!ナイスデイ」(フジテレビ系、99年に終了)で、リポーターを務めた。近年は「とくダネ!」を中心に、芸能や歌舞伎、皇室関係のニュースで出演した。

   VTR後、笠井伸輔アナウンサーは

「新人アナウンサーのときに、手取り足取り一から教えてもらいました。それから30年、ほめられることより、叱られることの方が多くて、50歳を越えてからも、長いメールで『ここがダメ、ここを直しなさい』と指摘された」

と振り返った直後、涙声となり

「カラオケが上手でね、平野(早苗リポーター)さんとザ・ピーナッツの『恋のバカンス』とか、もう聴けないのかなと思うと本当に悲しくなります」

と語った。

市川海老蔵「誰にもわからない戦いを感じてくれてる」

   亡くなって初めて、武藤さんが「大学の先輩」であることを知ったという梅津弥英子アナウンサーは、声を上ずらせながら

「本当にいろいろな話をすればよかった」

と悔やんだ。

   武藤さんの死に、交流のあった芸能人も反応している。歌舞伎俳優の市川海老蔵さんは7日、ブログで「私の事を武藤さんが伝えることはよくあったけれど私が武藤さんの事を記事にするのは初めてです」と書きはじめ、「子供の頃からいらっしゃった、いつも歌舞伎座の楽屋やブラウン管の中に」と振り返った。

   そして、夕刊フジ電子版「zakzak」に2日付けで掲載された、武藤さん執筆の記事「麻央さんを支える海老蔵も今年の顔」に触れ、「揚げ足取りのような記事が錯乱する中嬉しかった」「誰にもわからない戦いを武藤さんは感じてくれてるのだな」と感謝した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中