2018年 7月 18日 (水)

「L⇔R」黒沢健一さん死去、48歳 「早すぎる。悲しすぎる」

印刷

   音楽バンド「L⇔R」の元メンバーでミュージシャンの黒沢健一さんが2016年12月5日に脳腫瘍で死去した。48歳だった。

   16年10月3日、公式サイトで「脳腫瘍を患っている」と公表し、「入退院を繰り返しており、良くなったり悪くなったり 一進一退が続いています」とつづっていた。

  • 黒沢さんの楽曲「LIFETIME BEST“BEST VALUE”」(Amazonより)
    黒沢さんの楽曲「LIFETIME BEST“BEST VALUE”」(Amazonより)

「ビックリだし、凄くショック まだ40代だよ」

   黒沢さんは、19歳で作曲家としてデビューし、22歳でL⇔Rを結成。ミニアルバム『L』でデビューした。『KNOCKIN'ON YOUR DOOR』などのヒット曲で知られている。

   黒沢さんの公式サイトが16年12月7日、「黒沢健一を応援して頂いていた皆様へ」というタイトルのブログを更新し、

「病気治療のため入院しておりました黒沢健一は12月5日午前3時52分、脳腫瘍のため永眠いたしました。ここに故人のご冥福をお祈りし謹んでお知らせ申し上げます」

と訃報を知らせた。

   サイトでは、「L⇔R」の各メンバーのコメントが掲載され、故人とのこれまでの思い出や感謝の言葉を贈った。通夜及び葬儀は近親者のみで執り行なわれ、ファンへは「お別れの会」を催す予定。

   ツイッターでは、黒沢さんのファンらから

「ビックリだし、凄くショック まだ40代だよ」
「早すぎる。悲しすぎる。ご冥福をお祈りいたします、、。」

と哀悼の声が多数寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中