2018年 11月 17日 (土)

デヴィ夫人「ヌーハラ」はっきり言うわよ 麺すするのは「教養のない田舎っぺ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本人が麺をすする時に立てる「ズズズッ」という音に、外国人は精神的苦痛を受けている――。そんな「ヌーハラ(ヌードル・ハラスメント)」をめぐる論争に、タレントのデヴィ夫人(76)が「参戦」した。

   人生の大半を外国で過ごしてきたデヴィ夫人にとって、音を立てて麺を食べることはマナー的に「許せない」ようだ。「ヌーハラ論争」を取り上げたテレビ番組に出演した夫人は、日本人の麺の食べ方に「最っ低だと思います」と苦言を呈した。

  • 麺を音を立ててすするのは「最悪」(画像は公式ブログのスクリーンショット)
    麺を音を立ててすするのは「最悪」(画像は公式ブログのスクリーンショット)

「もう、最悪です」

   2016年12月11日放送のバラエティー番組『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングルトランプ』(読売テレビ)では、「外国人VS日本人『ヌーハラ論争』勃発」と題したコーナーが放送された。

   コーナー冒頭、番組MCの落語家・月亭八光(はちみつ)さんから意見を求められたデヴィ夫人は、

「最っ低だと思います。音を立てちゃ、絶対にダメ」

と苦々しい顔を浮かべた。これには八光さんも、「それだけ、日本人の感覚と外国人の感覚がズレているということでしょう」とフォローに回った。

   それでも、デヴィ夫人の「口撃」は止まらない。番組が、ヌーハラについて外国人から「豚がエサを食べてるみたい」「隣に座りたくないわ」という意見が出ていることを紹介すると、

「全部分かります。とにかく、すごい野蛮で、教養のない、田舎っぺっていうか・・・。もう、最悪です」

と身を乗り出しながらズバリ斬り捨てた。その勢いに呑まれたのか、番組MCの八光さんと今田耕司さんの2人は、苦笑いを浮かべて頷くだけだった。

芸能人の意見に「この方たち、ちょっと...」

   ツイッターの投稿を端に勃発した「ヌーハラ論争」には、これまで多くの芸能人が持論を述べている。『特盛!よしもと~』の番組では、「日本人側からの意見」の代表例として、

「不快に思うなら、食べなくていい」(和田アキ子さん)
「きっと羨ましいんですよ。すすれないから」(松本人志さん)
「目の前で食べてやるよ!」(ヒロミさん)

といった「大御所」芸能人の発言が紹介された。こうした意見に対し、デヴィ夫人は、

「この方たち、ちょっとおバカさんだわ」

とバッサリ。スタジオでは爆笑が起きたものの、MC陣は「2度と言わんでください」「それはいけません」とフォローに追われていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中