東大・集団強制わいせつの学生処分 学校がくだした結論とは

印刷

   東京大学の男子学生ら5人が2016年5月に集団で女子大学生に強制わいせつ行為をしたとして逮捕された事件で、大学は有罪判決を受けた3人を退学、不起訴処分になった2人を停学1年の懲戒処分にした。処分は12月7日付。東大はホームページで、

「同様の事件が二度と起きないよう、全力で取り組む所存です」

とコメントを公表している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中