日中韓サミット、年内開催見送り 岸田外相が表明

印刷

   岸田文雄外相は2016年12月13日の閣議後の記者会見で、19、20両日で調整を進めていた日中韓首脳会談(サミット)について、

「諸般の事情により(日程を)再調整し、来年のしかるべきときに日本で開催することとした」

と述べ、年内開催を断念する考えを表明した。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案可決など、韓国の政局混乱を受けた措置。会談は原則1年ごとに3か国の持ち回りで開催しており、16年は日本が議長国を務めることになっていた。岸田外相は

「日中韓の対話の枠組みは大変重要。できるだけ早く開催したい」

としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中