2022年 12月 1日 (木)

「アレルギーは食べて予防」研究続々 生後半年からゆで卵を与えた結果は

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは、卵アレルギーになりやすいが、生後6か月からゆで卵を少しずつ食べさせると、卵アレルギーの発症を80%抑えられるという研究を国立成育医療研究センターがまとめ、2016年12月9日に発表した。

   研究成果は国際医学雑誌「ランセット」(電子版)の2016年12月8日号に掲載された。幼児の食物アレルギーについては、2016年10月に英国のチームが生後4か月から卵やピーナッツを食べさせると予防になるという研究を発表したばかりだ。

  • 赤ちゃんのアレルギー予防は「早く食べさせる?」
    赤ちゃんのアレルギー予防は「早く食べさせる?」
  • 赤ちゃんのアレルギー予防は「早く食べさせる?」

毎日少しずつ食べて耐性をつける

   国立成育医療研究センターの12月9日付発表資料によると、研究チームは、生後まもなくアトピー性皮膚炎になった赤ちゃん121人を次の2つのグループに分け、アレルギーの発症リスクを調べた。

(1)生後6か月からゆで卵とカボチャの粉末を毎日食べ続ける60人。卵の量は、生後6~8か月は1日50ミリグラム、9~11か月は250ミリグラムと段階的に増やす。
(2)生後6か月~11か月まで、卵を食べずにカボチャの粉末を毎日食べ続ける61人。

   そして1歳になった時点で卵アレルギーを調べた結果、卵を食べていた60人のうち、卵アレルギーを発症したのは5人(8%)だったが、カボチャだけを食べていた61人の中の23人(38%)が発症した。卵を食べることによって発症を80%抑えることができたことになる。少しずつ卵を食べることで耐性がついたと考えられるという。実験期間中、赤ちゃんは全員アトピー性皮膚炎の治療を受けた。また、卵を食べた赤ちゃんに重い副作用はなかった。

   研究チームでは、発表資料の中で「国内ではアレルギーを懸念して幼いうちに卵を食べさせない傾向が強く、3歳児全体の6%近くが医師の指示で摂取を制限しています。予想を超える大差で、生後6か月ごろから少量ずつ食べ始めたほうがよい結果になる仮説を実証できました。今後はできるかぎり早期から治療することで、子どものアレルギーを減らしていけるよう研究したい」とコメントしている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中