保育園のさ湯ポットから高濃度塩素 故意に混入か、警察に被害届

印刷

   東京都江東区の区立辰巳第三保育園で、園児3人が飲んださ湯から高濃度の塩素が検出された。園は故意に混入された可能性もあるとして、警察に被害届を提出した。江東区が2016年12月21日、発表した。

   発表などによると、12月19日17時頃、園児3人に水分補給用のポットに入ったさ湯を飲ませたところ1人が吐き出し、飲んだ2人も不快そうな様子だった。園は異物混入の疑いがあるとして江東区に報告し、保健所で湯の成分を分析したところ、学校のプールなどにある消毒槽(腰洗い槽)の約16~32倍にあたる1600ppmの濃度の塩素が検出された。

   これを受け、園は12月21日に東京湾岸警察署に被害届を提出。これまで、児童3人に体調不良などの問題はなく、異物が混入した経緯は不明だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中