2018年 10月 23日 (火)

子どもを薬の誤飲事故から防ぐ動画 大日本住友製薬が作りネットで公開

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   幼児が誤って薬を飲みこむ事故が増えているが、大日本住友製薬は保護者向けの啓発動画「赤ちゃん・子どもによる薬の誤飲を防ぐために」を作り、2016年12月19日にインターネット上に公開した。

   ダウンロードフリーなので、医療機関や公共機関の待合室モニターなどにも活用できるし、スマートフォンからも見ることができる。

  • 啓発動画のイラスト(大日本住友製薬のウェブサイトより)
    啓発動画のイラスト(大日本住友製薬のウェブサイトより)

薬を飲みこむ事故はタバコや玩具より多い

   大日本住友製薬の発表資料によると、2015年に厚生労働省が公表した子どもの誤飲事故の調査結果では、医薬品を飲みこむ件数がタバコやプラスチック製品、玩具を抜いて1位になった。吐き気や腹痛、下痢、頭痛などの症状のほか、意識障害の重症に陥り、救急車で搬送されるケースもある。

   このため、国立成育医療研究センターの石川洋一・薬剤部長の監修で、親しみやすいイラストをつけ、乳幼児の成長期ごとの気を付けるポイントや、具体的な誤飲防止対策、そして子どもが飲みこんだときの対応をまとめた。特に誤飲防止のチェックポイントとして次の8項目をあげている。

   (1)薬は子どもの見ていないところで飲む。
   (2)薬は子どもの見えない手の届かない場所にチャック付きの袋、密閉容器などに入れて保管する。
   (3)薬箱は開けたらすぐに閉める。
   (4)薬のふたはしっかり閉める。
   (5)薬の保管場所に踏み台になるようなものは片づける。
   (6)子どもに薬は甘い味であってもジュースやお菓子ではないことを理解させる。
   (7)薬をお菓子の箱に入れない。
   (8)お爺ちゃん、お婆ちゃんの薬にも注意する。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...