2018年 8月 16日 (木)

MRJ、5度目の納入延期か 三菱重工宮永社長がインタビューで示唆

印刷

   三菱重工業の宮永俊一社長が報道各社のインタビューに応じ、子会社の三菱航空機が開発を進めている初の国産ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)について5度目の納入延期を示唆した。2016年12月26日に共同通信などが報じた。

   2018年半ばとしていた初号機納入時期について「守れるという状況にはまだない」、「どれくらいかかるか読みづらい状態」などと述べた。また、開発に「想定外の費用が掛かっている」とも明かした。現在試験飛行の段階にあるMRJは、機器のトラブルなどが相次ぎ、これまで4回初号機納入を延期している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中