2018年 8月 17日 (金)

日本将棋連盟会長、三浦九段の出場停止処分で謝罪

印刷

   将棋の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを不正使用したと疑われ出場停止処分を受けた問題で、日本将棋連盟の谷川浩司会長が2016年12月27日に記者会見を開き、

「三浦九段につらい思いをさせたことを本当に申し訳なく思っている」

などと謝罪した。出場停止中に三浦九段が受けた損害の補償の検討や、自身を含む連盟執行部を減給処分とする方針も明らかにした。

   日本将棋連盟は不正疑惑を受け、10月に三浦九段を年内の出場停止処分にしたが、同連盟が設けた第三者調査委員会は12月26日に不正の根拠はなかった、と結論づける報告を出していた。

   三浦九段は27日の会見で、自らを出場停止にした連盟の対応に疑問を示していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中