「駅はもう、コミケ会場だと思う」 りんかい線が「マナー遵守」呼びかけ 

印刷

   年末恒例の同人誌即売会「コミックマーケット」が東京・有明の「東京国際展示場」(東京ビッグサイト)で開幕した。

   初日となった2016年12月29日、会場の最寄り駅「国際展示場」には大勢の来場者が殺到。りんかい線は公式ツイッターアカウントで「みんなルールを守って怪我のないようにね!」と呼びかけた。

  • 来場客に注意喚起(画像はりんかい線の公式ツイッターアカウントより)
    来場客に注意喚起(画像はりんかい線の公式ツイッターアカウントより)

過去には「エッチな紙袋」と「異臭」問題が話題に

   りんかい線の公式アカウントは12月29日、

駅はもう、コミケ会場だと思う。

と書かれたポスターをツイッターに投稿し、マナーの遵守を来場者に呼びかけた。

   ポスターには、他にも「列にしっかりと並ぶべし!」「分散乗車を心得よ!」「車内の中まで進むべし!」といったアドバイスが見られる。

   こうした呼びかけがなされるのには、ワケがある。コミックマーケットの来場者が多数に上ることもひとつだが、これまでにりんかい線の乗車マナー以外にもさまざまな「迷惑行為」が指摘されているのだ。

   たとえば、「紙袋のデザイン」。ここ数年、会場で配布される紙袋は過激なデザインが増えている。そうした紙袋を来場者が肩に掛けて会場外を歩きまわるため、「目のやり場に困る」というのだ。ネット上では「コミケのエッチな紙袋問題」として、たびたび議論になっていた。

   また、来場者がまき散らす「異臭」も問題視されていた。とりわけ夏のコミックマーケットでは、来場者の汗の臭いがりんかい線の車内に充満。乗り合わせた客から、悲鳴が上がっていた。

   その強烈さは、J-CASTニュースも「汗とモナカとおにぎりが混じったような臭い」(13年8月12日付け記事)、「『蟹の酢漬』のような臭い」(16年8月12日付け記事)と報じている。

   なお、ツイッターを見る限り、16年冬のコミックマーケット1日目は、大きなトラブルも無く終了したようだ。

   運営団体の「コミックマーケット準備会」の公式ツイッターアカウントは29日夕、

「コミックマーケットでは深夜来場は認めておりません。絶対に深夜来場をしないようにお願いします。すみやかにお帰り下さい」

と呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中