2018年 9月 19日 (水)

ふるさと納税「駆け込み」で悲鳴 申し込み殺到でシステム障害

印刷

   「ふるさと納税」の寄付締め切り直前、Yahoo!公金支払いでシステム障害が起きた。ふるさと納税支払いのためとみられるアクセス集中により、決済処理が遅れ、一部利用者に不具合が生じたという。

   多くの自治体は12月31日までふるさと納税の申し込みを受け付けている。そのため利用者は、日付が変わる直前まで「駆け込む」ことができるのだが、思いもよらぬトラブルで泣きを見た人から多くの悲鳴が上がった。

  • ふるさと納税の支払いも簡単にできる「Yahoo!公金支払い」
    ふるさと納税の支払いも簡単にできる「Yahoo!公金支払い」

納税サイト謝罪「一番大事な時期であったにもかかわらず...」

   Yahoo!JAPANの報告によると、不具合が起きたのは31日の23時8分ごろから約1時間。この間、決済ページが開けなかったり、決済が完了しなかったりといったトラブルが一部利用者に発生したという。

   同社は1月1日、公式サイト上で「ご利用の皆様にご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません」と謝罪し、今後は同様のことが起きないよう備えていくとした。

   また、日本最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」はクレジットカードの決済サービスとしてYahoo!公金支払いを採用しているため、システム障害発生時にはクレジット決済による寄付申し込み等が利用しづらくなった。

   同サイトも1日に「一番大事な時期であったにもかかわらず、ご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします」と謝罪コメントを掲載した。

「エラーで手続き不能...」「年内間に合わず」

   実際インターネット上には、ふるさと納税の申し込みに失敗した人々からの嘆きのコメントがいくつも上がっている。

「23時30分からふるさと納税やろうとしたらYahooが死んでてできない」
「駆け込みでふるさと納税したものの、ヤフー公金が激混みで年内間に合わず」
「ふるさとチョイスはサーバ混み合ってエラーで手続き不能...」
「カウントダウンライブが始まっているがふるさと納税の最後の3万円がシステムエラーで寄付出来なくてそれどころではない」

   ただ、ふるさと納税は1年中いつでも申し込むことが可能だが、大晦日に駆け込みで申し込むことはリスクを伴うことも事実で、余裕を持った行動も必要だとの指摘もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中