2018年 12月 13日 (木)

難しい糖尿病の根治につながるか インスリン分泌細胞の再生に成功

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   糖尿病は根治が難しい病気だが、東北大学の研究チームが糖尿病のマウスに「マイクロRNA」という核酸を注射し血糖値を下げることに成功した。

   血糖値を下げるインスリンを分泌する、すい臓の細胞組織が再生された。根治につながる治療法の開発が期待されるという。研究は医学誌「EBioMedicine」(電子版)の2016年12月7日号に発表された。

  • 糖分厳禁の食事制限にサヨナラできる?
    糖分厳禁の食事制限にサヨナラできる?

マウス実験では健康状態レベルまで回復

   東北大学が2016年12月15日に発表した資料によると、糖尿病は血糖値をコントロールするホルモンであるインスリンの分泌や、インスリンに対する感受性が低下することで引き起こされる。すい臓にはインスリンを分泌する働きがある「β(ベータ)細胞」という組織があるが、何らかの理由でβ細胞が減ると十分なインスリンを分泌できなくなる。しかも、いったん減ったβ細胞を再生させることは非常に難しく、糖尿病の治療を困難にしている。

   同大の山田哲也准教授らのチームは、白血病の治療に行なわれる骨髄移植がβ細胞の再生を促進することに注目した。骨髄細胞の成分がβ細胞を再生させていると考え、「マイクロRNA」という核酸の中の2種類にβ細胞を再生させる働きがあることを突きとめた。

   この2種類の「マイクロRNA」を糖尿病のマウスに注射すると、注射をしなかった糖尿病マウスに比べ、血糖値が約4割下がり、インスリンの分泌量も2倍に増加、健康なマウスのレベルに近くなった。また、すい臓組織を顕微鏡で調べると、β細胞が増殖していることを確認できた。

   今回の成果について、山田准教授らは発表資料の中で「マイクロRNAの投与によってβ細胞を初めて再生することに成功しました。糖尿病の根治につながる治療法の開発に貢献するため、さらに研究を進めます」とコメントしている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中