2018年 8月 22日 (水)

駐日米大使に投資会社創設者ハガティ氏 「トランプ氏が意向固める」報道

印刷

   ドナルド・トランプ次期米大統領が、投資会社ハガティ・ピーターソン創設者のウィリアム・ハガティ氏をケネディ駐日米大使の後任として起用する意向を固めた、などと各メディアが伝えている。2017年1月4日、NHKがハガティ氏の起用が検討されていると報じ、5日には朝日新聞(電子版)などが、同氏の起用の意向をトランプ氏が固め、日本政府に伝達していると伝えた。

   ハガディ氏は政権移行チームで政治任用人事の幹部を務めており、過去には3年間日本で勤務した経験もあるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中