カンニング竹山「書き込む人はごく一部」 「ネット炎上」調査結果との整合性

印刷

   お笑い芸人のカンニング竹山さん(45)が2017年正月の新春特番で、いわゆる「ネット炎上」について持論を展開し、反響が広がっている。竹山さんは「『1000人いたと思ったんだけど、実は10人だった』とか、そういうこともある」として、炎上に加担するのはネット利用者のごく一部だとして、「ちょっと大げさにとらえ過ぎ」だと述べた。

   炎上に参加する人の割合については、大筋で竹山さんの発言内容を裏付けるような研究も発表されており、番組内でもテロップで紹介された。一方、ツイッターなどには「気にしないとか馬鹿だろ」と、竹山さんの意見への異論も出ている。

  • カンニング竹山さんはネット炎上を「大げさにとらえ過ぎ」と話した
    カンニング竹山さんはネット炎上を「大げさにとらえ過ぎ」と話した

「1年以内に炎上に書き込みしたことがあるネットユーザーは約0.5%」のテロップ

   竹山さんの発言は2017年1月2日夜に放送された「新春TV放談2017」(NHK総合)で出た。「テレビは炎上とどう向き合うべきか?」というテーマの冒頭、竹山さんは

「なんかこう、炎上とかに対してちょっと考え過ぎなんじゃないか。数年前は炎上ってよく分からなかったから、『やばいことだ』ってずっと思い続けてたんですけど、よくよく考えたら、それがすべてじゃないですけど、『1000人いたと思ったんだけど、実は10人だった』とか。そういうこともあるわけだし...。炎上したからって、よくよく考えたら何なんだよ、と思う。何も動かねえよ!って。ちょっと大げさにとらえ過ぎの何年かがあったと思うんですよね。これから気にしない、という方向に行った方がいいような気がする」

との見方を披露した。

   「炎上」させる人の数は実際のネット利用者の割合からすると非常に少なく、影響力は限定的だとの見方だ。竹山さんが発言している間、画面には

「1年以内に炎上に書き込みしたことがあるネットユーザーは約0.5%(およそ200人中1人の割合) 田中辰雄・山口 真一著『ネット炎上の研究』より」

という内容のテロップが表示された。

「炎上させる側が番組を揺るがせるための構図を知ってしまう『言論テロ』」

   他の出演者は、一部のネット利用者がスポンサー企業にクレームを入れる「電凸」を念頭に

「正義感が変な方向に肥大している」(ヒャダインさん)
「炎上させる側が番組を揺るがせるための構図を知ってしまっていて、ある種『言論テロリズム』を、そういう方たちはやってくる」(湯山玲子さん)

などと指摘。これを受ける形で、竹山さんは

「ごく一部が書いているのに、それに対する反応、リアクションが、周りがみんな大げさすぎる。テレビ局もタレントもプロダクションも、もしかしたらスポンサーさんも...。みんな大げさに考えていて、結果どうなったかといったら、おかしくなってきちゃった。そこを1回戻した方がいいと思うんですよね」

などと改めて持論を展開した。

   一連の発言をマイナビニュースが1月3日に

「カンニング竹山、ネット炎上に持論『大げさに考えすぎ』『気にしない方が』」

という見出しで取り上げ、それをまとめサイトが転載。同記事では「ネット炎上の研究」の結果については触れられていなかった。

   そういったこともあって、

「これは正論ですわ」

と、竹山さんの意見に共感する声がある一方で、

「いや決めつけないで見極めたほうが良い。対応を間違えると拡大する」
「騒ぎが大きくなればスポンサーだって降りるのに、気にしないとか馬鹿だろ」

などと異論も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中