2018年 8月 17日 (金)

がっかり福袋は「鬱(うつ)袋」 「早朝から並んでこれかよ」

印刷

   毎年恒例、新年のお楽しみのひとつ、「福袋」。2017年も「お目当て」の商品をゲットしようと、早々に多くの買い物客が百貨店や家電量販店に列をつくった。

   ところが、なんだかガッカリな福袋を手にしてしまった人もいるようで、ツイッターやインターネットのまとめサイトには、残念な「鬱(うつ)袋」の品々が並べられている。

  • 朝早くから並んで買った「福袋」なのに・・・
    朝早くから並んで買った「福袋」なのに・・・

福袋、発売後10分、20分で完売も

   最近はあらかじめ中身を見せて売り出す百貨店や家電量販店などもあるが、何が入っているかわからない、その袋を開けるときのワクワクがたまらないという人も多いようだ。

   2017年1月2日には百貨店大手でも初売りがあり、福袋も酉年にちなんだものや、目玉商品にブランド品を取り揃えたり、「体験型」のメニューを用意したりと、話題づくり込みで売り出し、消費を喚起する。もちろん、子供服や婦人服、おもちゃなどが入った「恒例」の福袋も健在。なかには、発売後10分、20分で完売してしまった福袋もあった。

   そうした中で、せっかく買った福袋にガッカリしている人も少なくないようで、ツイッターやインターネットのまとめサイトなどには、残念な「鬱袋」なる投稿が商品の写真とともに公開されている。

「2017年福袋をGET! わくわくして購入した福袋に早くも鬱袋が!!!ハズレだった」
「ハズレだった福袋のご報告! 高級ボールペン入り?福袋5000円の中身。これを中学生にお得な文房具な福袋ですよ!って勧めて買わせた店員の気持ちを知りたい」
「なかなかの鬱袋だったwwww」
「福袋がやっぱり鬱袋で、ゴミ袋でした」
「結果はハズレ。雨ガッパ、フリース。寒いのに半袖Tシャツ2枚。おまけのような長袖1枚。もう買わないw」
「早朝から並んでこれかよ。泣けてきた」

などと、かなり怒ったり、悲しんだりしている人もいるようだ。

   なかには、

「なんだよ福袋。去年と同じジャケットが大当たりって、ちっともうれしくない」

と、16年の福袋と同じ商品が入っていたという人も。

   また、

「福袋なんて、運試しのようなもん。そんなもんに2万円、3万円と出して買うほうがどうかしてる」
「なにが楽しいのかが、わからないわw」

といった冷めた声もある。

「大当たり!! 買ってよかった」

   一方、「当たり」の福袋もあったようで、ツイッターなどには、

「福袋届いた? めっちゃ可愛い! 大当たり!! 買ってよかった」
「福袋当たりって本当だ~~ 買ってよかった!!! 黒のコートほしかったからうれしいよ~~」
「去年はハズレだったけど今年はなかなかカワイイ! やっぱり福袋は通販に限るなw」

といった声も寄せられている。

   最近はインターネットの通信販売で先行予約して購入すれば、元日に届く「福袋」もある。

   ファッションや嗜好品などは個人によって好みやサイズが違うし、必要性も違う。ある人がいらない商品も、別の誰かにとっては必要だったり、好みだったり、あるいはサイズがピッタリだったりするかもしれない。

   インターネットには、

「ほしいモノだけ残して、あとは誰かに譲ればいいだけだろ」
   「ほしいければ、交換してもいいよ」

といった声もある。実際、ツイッターに写真といっしょに投稿し、交換を呼び掛ける「つぶやき」も見受けられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中