2018年 8月 16日 (木)

「カフェインなし」エスプレッソ飲料 スタバ「ラテ」など全10商品に対応

印刷

   スターバックスコーヒーは2017年1月11日から、「エスプレッソ ビバレッジ」に分類される飲料すべてで「デカフェ」での注文に対応する。運営するスターバックスコーヒージャパン(本社・東京都品川区)が1月5日、ウェブサイトで発表した。

   デカフェとはカフェインを取り除いたコーヒーのことで、「夜遅いけど、ゆったりとコーヒーを飲みたい」「気分転換に美味しい1杯を楽しみたい」といったニーズに応えた。

  • スターバックスはデカフェでの注文に対応する
    スターバックスはデカフェでの注文に対応する

二酸化炭素と水だけで99%以上除去

   「エスプレッソ ビバレッジ」には、「スターバックス ラテ」「カプチーノ」「エスプレッソ マキアート」など10種類がある。

   プレスリリースによると、コーヒーからカフェインを取り除くには薬品を使用すれば簡単だが、スタバのデカフェはコーヒー本来の風味をできるだけ損なわないよう、薬品を使わずに二酸化炭素と水だけでカフェインを99%以上除去するという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中