2019年 1月 19日 (土)

住宅地の聖地巡礼やめて 「この世界の片隅に」監督、異例のお願い

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   話題の劇場版アニメ「この世界の片隅に」の片渕須直監督が「聖地巡礼」への注意喚起を行っている。

   映画の舞台となった広島市や呉市内の「ロケ地」には多くのファンが訪れているが、一部エリアは道が狭く、一般住宅地にもなっていて、現地ではトラブルなどが心配されているという。監督は「そこは観光地ではないのです」とツイートし、理解を求めている。

  • 配布中のロケ地マップ(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
デザイン 浦谷千恵 監修 片渕須直
    配布中のロケ地マップ(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 デザイン 浦谷千恵 監修 片渕須直
  • 配布中のロケ地マップ(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
デザイン 浦谷千恵 監修 片渕須直
    配布中のロケ地マップ(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 デザイン 浦谷千恵 監修 片渕須直

「そこは観光地ではないのです」

   片渕監督は2017年1月9日、ツイッターで「お願いがあります」と切り出し、「聖地」をめぐる人々に向けたメッセージを連投した。

   現在、広島・呉の両市内では同映画のロケ地マップが配布されている。監督自ら監修しているのだが、作る際には「辰川バス停から先、北條家があると想定されるエリア」はあえて載せなかったという。そこから先は道が狭く、一般住宅地になっているため、住民に迷惑がかかることを危惧したためだ。

   監督はツイッターで

「そうした地域では車がすれ違えない狭い道を辿るしかないのですが、タクシーで乗りつけて来られる例があって危ない、という現地の声もこちらに入っています。また、実際に残る段々畑は実質山地で猪が出るのど危険です」(原文ママ)

と説明する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中