「キリン 氷結」アニメCM中止が波紋 「復活」署名はじまる

印刷

   キリンビールが2016年夏、ウェブ限定で公開していた缶入りチューハイ「キリン 氷結」のアニメCMが中止になったことで、「復活」を求めて署名活動が始まった。

   「キリン 氷結」のアニメCMは、2016年8月2日にYouTubeで公開。「氷結」が発売から15年目を迎えたことで、「あたらしくいこう」をコンセプトに、アニメやソーシャルゲーム、アイドル声優のライブなどに熱中する瞬間をイキイキと描いた、ストーリー性の高いCMで話題を呼んでいた。

  • 「キリン 氷結」ウェブCM中止に「復活」を呼びかけ・・・
    「キリン 氷結」ウェブCM中止に「復活」を呼びかけ・・・

人気声優サイン入りTシャツも中止に

   「キリン 氷結」のWeb限定のアニメCMは、キリンビールと、「キルラキル」「キズナイーバー」などで知られるアニメ制作会社のTRIGGERと、アニメイトラボのコラボレーションによるオリジナル。人気声優を起用、楽曲にも凝ったことで、アニメファンからは「作品」としての評価が高かったほか、人気声優のサイン入りオリジナルTシャツのプレゼントキャンペーンも予定していた。

   ところが、そのアニメCMはわずか8日間後の8月10日に打ち切り。背景には、ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)と主婦連合会が共同でキリンに対して提出した「キリン氷結 ウェブ限定アニメCMの中止を求める要望書」があったとみられる。

   キリンは、このアニメCMを視聴するにあたり、「20歳以上」の年齢認証を設けて、未成年者が視聴しづらいように配慮していたが、ASKなどは「絶対的なものではありません」とし、未成年者でも見ることができると主張。「ウェブ上の年齢認証の徹底など不可能。『ウェブCMにもテレビCMと同じ基準が求められる』というのが、私たちの見解です。速やかな中止を求めます」と要望していた。

   そうしたなか、ツイッターのまとめサイトtogetterに2017年1月16日、「氷結 × TRIGGERアニメCMが根拠のない理由で非公開にされた件について」が公開された。アニメファンとみられるツイッター主が、「キリン 氷結」のアニメCMが「アルコール薬物問題全国市民協会(ASK)と主婦連合会の影響で非公開にされてしまいました。『アニメ=未成年者の飲酒を促す』という根拠のない理由でこじつけて非公開にされた事に憤りを感じています。TRIGGERのスタッフ達もこの件に関しては、悔しさを味わったに違いありません。」と綴り、「署名」を呼びかけた。

   1月19日正午時点で、2672人の署名を集めている。

   署名に賛同した人からは・・・

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中