長谷川豊氏、「言論」本格再開 ツイッター開設、ブログで「APA間違ってない」

印刷

   人工透析患者をめぐる一連のブログ騒動によって全レギュラー番組を降板した長谷川豊さん(41)が、再び言論活動を活発化させている。

   1月16日にはツイッターアカウントを開設。話題のAPAホテル騒動にも言及し、かつての勢いを取り戻しつつある。

  • 長谷川豊さん(2016年9月撮影)
    長谷川豊さん(2016年9月撮影)

「PVなんて気にせずに、普通に書いていこう」

   長谷川さんは16年9月、自身のブログ「本気論 本音論」に「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」と題した記事(のちにタイトル変更)を掲載。多くの批判を呼び、レギュラー出演していた番組すべてを降板した。

   以降は同ブログからはほぼ離れ、もう1つのブログで日常生活について綴っていた。ところが2017年元日、「本気論 本音論」の「再始動」を宣言したのだ。

   長谷川さんはその中で、騒動以前――特に16年に入ってからは同ブログの内容が自身の「本音」とはかなりかけ離れたものになりつつあったと告白。PVを意識していたこともあり、乱暴な言葉遣いや言説を多用していたと振り返った。

   その上で、今後は「せっかく一休みしてスッキリしたところもあるので、これからはあまりPVなんて気にせずに、普通に書いていこうかな、と思います」とし、新年の挨拶を結んだ。

   長谷川さんはこの日を境に、これまでの沈黙がウソのように言論活動に精を出し始めた。ブログは、ほぼ毎日更新。内容も電通「過労死」問題やキュレ―ションサイト騒動、次期衆院選、トランプ次期米大統領など多岐に渡っている。

   最近では、APAホテルの「南京大虐殺」否定本騒動を取り上げた。同ホテルの客室内に、アパグループ代表の元谷外志雄氏(73)が執筆した「南京大虐殺」を否定する書籍が置かれていることが中国のネット上で注目を集め、炎上した一件だ。

南京大虐殺は「言うまでもなく大ウソ」

   APAホテル側は騒動を受け、

「あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたもの」
「異なる立場の方から批判されたことを以って、本書籍を客室から撤去することは考えていない」

などとする見解を公式サイトに掲載し、批判を突っぱねた。

   すると長谷川さんは18日、「いいぞ!元谷外志雄会長!APAの対応は何一つ間違っていない」と題した記事を公開。いわゆる南京大虐殺に関しては、元谷会長と同じ認識を持っているようで、

「『南京大虐殺』なんてのも、言うまでもなく大ウソです。そんなこと出来るわけないでしょうが」

と主張。

「重要なのは『南京市で何人かを殺す事件があった』ことなのか、『民間人を30万人虐殺したのか』ってことです。ここをサヨク軍団は必死でごまかそうとするんですけれど、元谷会長が主張しているのって、『東京裁判で裁かれた『30万人の民間人』を殺したのかどうか=日本軍はアメリカ軍よりもひどかったのか?』の歴史的考察であって、本当に元谷会長の言う通りなんですが、文句があるなら文献と資料をもとに反論してみろよのレベル」

などと投稿した。

   さらに1月16日にはツイッターアカウントも開設した。記念すべき最初の投稿では「『呟く』といっても何を呟くのか...。なぜ呟くのかも分からない状態です」と戸惑い気味だったが、以降、ブログ更新を報告したり、気になるニュースにコメントしたりと、さっそく自分なりの使い方を始めつつある。19日夕時点のフォロワーは約1000人となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中