2018年 12月 12日 (水)

アレルギーの新しい治療薬に期待 悪役ヒスタミンの黒幕がわかる

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を引き起こす原因としてヒスタミンの分泌が知られているが、そのメカニズムを岡山大学の研究チームがマウスの実験で突きとめ、米の科学誌「Journal of Biological Chemistry」(電子版)の2017年1月12号に発表した。

   研究チームは「新しい治療薬の開発につなげたい」と期待している。

  • 花粉症に悩む人にとって朗報となるか
    花粉症に悩む人にとって朗報となるか

肥満細胞の中にある「ポリアミン」に注目

   岡山大学の1月18日付発表資料によると、アレルギー疾患の発症には、免疫反応やアレルギー反応を担う肥満細胞から分泌される「ヒスタミン」が重要な役割を果たしている。ヒスタミンはアミノ酸の一種で、花粉などのアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)が肥満細胞に入ると、ヒスタミンが大量に放出され、炎症やくしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を引き起こす。

   このため、現在のアレルギーの治療薬はヒスタミンの作用を抑える「抗ヒスタミン薬」が大半だが、そもそもなぜアレルゲンが肥満細胞に入ると、ヒスタミンが大量に分泌されるのか、そのメカニズムは不明だった。それがわかると、症状の元であるヒスタミンの放出を抑えることができるわけだ。

   研究チームは、肥満細胞の中にあるが働きが不明だった「ポリアミン」というタンパク質に注目。マウスの肥満細胞でポリアミンの働きを分析すると、アレルゲンが肥満細胞に入ると、ポリアミンがヒスタミンの増強役と放出役の両方の役割を担っていることを突きとめた。研究チームは、発表資料の中で「今回の研究は、ポリアミンをターゲットとした新しい治療薬の開発の手がかりになると思います」とコメントしている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中