2018年 11月 15日 (木)

機能性表示食品が4倍増に急成長 「内臓脂肪」「アイケア」が人気

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   矢野経済研究所は2017年1月23日、2016年度の健康食品の市場規模調査を発表した。それによると、メーカー出荷金額ベースで、前年度比100.9%の7500億円が見込まれる。2015年度に市場の押し上げ効果があった訪日外国人のいわゆる「爆買い」が2016年度は収まり、需要が沈静化したためだ。

   一方、2015年4月から開始された機能性表示食品は、初年度が446億円だったが、2016年度は約4倍の1483億円が見込まれる。

   機能性表示食品について30代以上を対象とした消費者アンケート調査を行なうと、約7割の消費者が機能性表示食品を知っており、2割強が摂取した経験を持っていた。また、同食品の機能で関心があるものを尋ねると、「内臓脂肪対策」と「中性脂肪対策」がともにトップで24%、続いて「コレステロール対策」(18%)、「整腸」(17%)、「疲労感軽減」(16%)、「アイケア」(16%)などの順だった。

   同研究所では、機能性表示食品の数が急増しており、2017年度も引き続き市場の押し上げ効果が期待されるとみている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中