2018年 10月 16日 (火)

iPS細胞の一部、提供停止へ 試薬取り違えの可能性

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   京都大iPS細胞研究所(CiRA)は2017年1月23日、再生医療用のiPS細胞(人工多能性幹細胞)の一部について、大学や企業などへの提供を停止すると発表した。新生児のさい帯血からiPS細胞を作製する過程で、試薬を取り違えて製造した可能性が否定できないため。山中伸弥所長は同日開いた記者会見で「このような事態を招いたことを深くお詫び申し上げる」と陳謝した。

   CiRAでは、iPS細胞の作製時に使う試薬のチューブにラベルを貼り、管理していた。だが16年11月、本来なら使わない試薬の容器にラベルが貼られているのを研究員が発見し、取り違えの可能性が浮上した。職員への聞き取りや製造記録の調査を進めたが、「『正しくラベル貼付が行われたかどうか』や、『どの段階で貼り違えが発生したのか』を特定することはできなかった」と説明している。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...