2018年 11月 15日 (木)

やっぱり「小池VS自民」の代理戦争に 千代田区長選がスタート

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2017年2月5日に投開票される東京都の千代田区長選挙が1月29日、告示された。現職の石川雅己区長(75)と、人材開発会社元社員の五十嵐朝青氏(41)、外資系証券会社社員の与謝野信氏(41、自民推薦)の3人(いずれも無所属)が立候補した。石川氏以外の2人は新顔。

   「区民ファースト」を掲げ、小池百合子都知事とのツーショット写真を演説会ポスターにも使用しているのは石川氏。一方、与謝野馨・元財務相のおい、与謝野信氏の演説会ポスターには安倍晋三首相らの顔写真が使われていた。任期満了に伴う今回の区長選は、小池都知事と自民都連の代理戦争、7月の東京都議選の前哨戦として注目を集めている。同区は、都議会自民党の実力者、内田茂氏の地盤。また、五十嵐氏は茨城県のつくば市で市長を務める五十嵐立青氏の兄。立候補受け付けの締切は29日17時。

  • 告示前の演説会ポスターにも「小池知事VS自民党」がにじむ(1月18日、千代田区内で撮影)
    告示前の演説会ポスターにも「小池知事VS自民党」がにじむ(1月18日、千代田区内で撮影)

小池知事「東京大改革を進めるのか、後退させるのか、その大きな目安に」

   千代田区の公式サイトによると、千代田区の選挙人名簿登録者数(2016年12月1日現在)は合計で4万8768人。前回、2013年の千代田区長選挙の投票率は42.27%だった。石川氏は8287票を獲得し、1264票差で自民・公明推薦の大山恭司氏を破り、4選を果たした。

   小池都知事は、1月27日の定例会見の質疑応答で「東京大改革を前に進めるのか、後退させるのか、その大きな目安になる」と区長選に対する考えを述べ、相応しい人を応援していく、と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中