中台メディアが「日本語」めぐり乱戦 台湾総統の異例ツイートが物議

印刷

   台湾の蔡英文総統が春節(旧正月)を前にツイッターに書き込んだ挨拶が波紋を広げている。普段は英語でしか書き込まれていないアカウントに、突然日本語でも書き込まれたからだ。

   独立志向が強いとされる民進党の蔡英文政権が対日政策を重視する中、中国本土メディアは「どうして中国語を使わないのか」「売国奴」といった声がネット上で相次いでいるとして、批判的に報じている。一方で、台湾メディアは、こういった「ネットの声」は「中国のネットの声」であって、日本からは支持する声が多いと主張。中台間の空中戦の様相を呈している。

  • 台湾の蔡英文総統のツイート。英語と日本語で旧正月のあいさつをしている
    台湾の蔡英文総統のツイート。英語と日本語で旧正月のあいさつをしている

「売国奴」「どうして日本に媚びるのか」

   蔡氏は旧暦での大晦日にあたる2017年1月27日、ツイッターで

   「From the people of Taiwan, we wish everyone a bright and prosperous Year of the Rooster」(台湾の人々から、皆様方にとって明るく豊かな酉年になりますようにお祈りいたします)と英語であいさつしたのに続いて、日本語でも

「日本の皆様、今年は実のある素晴らしい一年となりますよう、心よりお祈り致します」

と書いた。

   蔡氏のツイッターアカウントは10年に開設され、中国語での発信を続けてきたが、14年5月を最後に更新が途絶えていた。相当就任後の17年1月15日に書き込みが再開され、日々の動静を英語で更新していた。そんな中で、日本語の書き込みが突然登場したわけだ。

   中国や台湾のメディアによると、台湾総統府はツイートに日本語が含まれた理由を

「日本語のツイッター利用者は全体の3分の1を占めている」

と説明したが、それ以上の「意図」を感じる人もいたようだ。

   中国共産党系の環球時報は1月28日にウェブサイトに掲載した記事で、

「ネット上で批判が相次いでいる」

として、

「どうして中国語を使わないのか」
「売国奴」
「日本人は旧正月を祝わないのに日本語を使った。どうして日本に媚びるのか」

といった声を紹介。ネット上の声を台湾批判の材料として利用した形だ。

台湾メディアは「戦場には、すぐに日本のネット利用者が助けにきた」

   環球時報では単に「ネットの声」を紹介していたが、台湾の自由日報は「『どこの』ネットの声」なのかにも言及。蔡氏のツイートを批判したのは「中国のネット利用者」であって、

「戦場には、すぐに日本のネット利用者が助けにきた」

として、東日本大震災に台湾から多く支援が寄せられたことを感謝する声や、この1年で日台関係がさらに緊密になることを期待するといった声が寄せられた、と指摘した。

   日台関係をめぐっては、2012年に国民党の馬英九氏が当選した際、日本の外務省は「台湾において民主主義が深く根付いていることを示すものと評価」したのに対して、16年の民進党・蔡氏の当選時には「当選に祝意」を表明している。安倍内閣が国民党よりも民進党政権を歓迎していると受け止められた。

   台湾の民進党政権も、対日関係を重視していると受け止められている。台湾の駐日大使にあたる謝長廷・台北駐日経済文化代表処駐日代表は、民進党の陳水扁政権で05年から06年にかけて首相にあたる「行政院長」を務めた。首相級の人物が「駐日大使」に起用されるのは異例だ。なお、謝長廷氏は日々の活動を中国語と日本語でフェイスブックに書き込んでいる。

   こういった中での蔡氏の「日本語ツイート」が、中国側を刺激した可能性もありそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中