2018年 11月 16日 (金)

マイナビ、「ありえない有休」関連記事を削除、謝罪 「法的趣旨を誤解させる」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   マイナビが運営する女性総合サイト「マイナビウーマン」は2017年1月30日、掲載した記事2本が不適切だったとして謝罪し、該当記事を削除したと発表した。

   記事は有給休暇と生理休暇に関するもので、マイナビは「法的趣旨を誤解させる表現」があったとしている。

  • 1月27日に掲載した「有給休暇」の記事。すでに削除されている(画像はGoogleキャッシュのスクリーンショット)
    1月27日に掲載した「有給休暇」の記事。すでに削除されている(画像はGoogleキャッシュのスクリーンショット)
  • 1月25日に掲載された「生理休暇」の記事(画像はGoogleキャッシュのスクリーンショット)
    1月25日に掲載された「生理休暇」の記事(画像はGoogleキャッシュのスクリーンショット)

「ただのずる休みと変わらない」

   有給休暇の記事は「意味わかんない!『社会人としてありえない』有休取得の理由7つ!」とのタイトルで、1月27日に掲載された。

   社会人女性に対するアンケート結果をもとに、有休取得の「ありえない」理由をピックアップしたもので、「寝坊したから」「やる気が出ないから」「体が痛いから」といった理由を「ただのずる休みと変わらない」などと批判的に紹介。最後には「有休を取ることは働く人の権利ですが、常識ある使い方をしたい」とまとめていた。

   これに対し、ネット上では「有休に正当な理由を求める方が『意味わかんない!』」「有給休暇の権利行使に理由も何もない」といった批判が相次ぎ、拡散されていた。

   一方、生理休暇の記事は、その前の25日に掲載。「男性に聞いた! 女性が『生理休暇をとる』のはアリ?」というもので、女性の生理休暇取得について男性にアンケートを取り、「アリ派」と「ナシ派」それぞれの言い分を紹介していた。

   30日になり、マイナビウーマンはサイト上にコメントを掲載し、両記事には「法的趣旨を誤解させる表現」があったとして、

「内容が不適切と判断し、該当記事を削除させていただきました。読者の皆様に深くお詫び申し上げます」

と、謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中