女子アナに就職協定はない 市來玲奈、「内定」報道で浮かんだ暗黙の了解

印刷

   人気アイドルグループ「乃木坂46」の卒業生、市來玲奈さん(21)が日本テレビのアナウンサーに内定したことがわかったと、2017年2月3日付の日刊スポーツが報じた。

   市來さんは、2011年8月に乃木坂46の第1期生のオーディションに合格。愛称は「れなりん」。デビューシングルから4枚目まで選抜メンバー入り。14年7月、乃木坂46の卒業後は女優として活動していた。現在は早大3年生で、日テレには2018年4月の入社予定という。

  • 「乃木坂46」の卒業生、市來玲奈さんが日本テレビのアナウンサーに内定…(市來さんのブログのスクリーンショット)
    「乃木坂46」の卒業生、市來玲奈さんが日本テレビのアナウンサーに内定…(市來さんのブログのスクリーンショット)

採用倍率は、1000倍とも2000倍とも

   日刊スポーツは、複数の関係者の証言として、「市來さんが2017年2月2日までに日本テレビ正社員のアナウンサー職に内定したという。今後は2018年4月の入社に向けて、同期の内定者たちとともに研修などに参加する」と伝えている。

   乃木坂46の卒業生がテレビ局の正社員のアナウンサーになるのは初めてで、AKB48グループでも前例がないという。

 

   市來さんは、乃木坂46の第1期生で、ファンからは「広末涼子の再来」ともいわれた。学業とアイドル活動を両立。2014年4月に第1志望だった早大文学部に進学。現在は3年生だ。

   2014年7月に乃木坂46を卒業。その後は女優として活動し、16年公開の映画「さざ波ラプソディー」で初主演を果たした。競技ダンス(社交ダンス)の実力も一流で、小学6年生のときには世界大会に出場した経験もある。

   いわゆる「局アナ」の採用倍率は、1000倍とも2000倍ともいわれる超難関だが、市來さんはその壁を見事突破したことになる。

 

   この報道に、さっそくインターネットの掲示板などには、

「え!市來玲奈ちゃん日テレのアナウンサーになるの。すごい!」
「アナウンサーの夢、叶ったんだ」
「素直におめでとう。推してた人は嬉しいだろうな。またこうしてテレビで見れるんだからな」
 

などの応援コメントが多く寄せられている。

   人気アイドルグループ出身の局アナは、元モーニング娘。で現在テレビ東京で活躍している紺野あさ美アナ(29、今春退社の予定)がいる。

   なお、市來玲奈さんは2017年2月2日付のブログで、「また次のステップへ!」と題し、

「今日、遂に!!! 3年生の全ての授業が終わりました!」

との報告と家族への想いなどを綴っているが、「内定」にはふれていない。

日テレのアナウンス部門、2018年入社募集は既に終了

 

   そうしたなか、日本テレビが「内定」を出した市來玲奈さんが、現在早大3年生であることに気づき、「内定が出るのが早くないか」といった指摘がインターネットなどでは上がり始めている。

 

   日本経済団体連合会の「採用選考に関する指針」(いわゆる就職協定)によると、2018年度入社予定の大学生(現在の大学3年生)などの採用選考スケジュールは、企業の広報活動が「2017年3月1日以降」、選考活動は「17年6月1日以降」とし、採用内定については「正式な内定日は17年10月1日以降とする」と定めている。

 

   また、採用活動にあたっては、「学生の事情に配慮して行うように努める」ほか、学生が学業に専念する十分な時間を確保するため、「開始時期より早期に行うことは厳に慎む」としている。

 

   一方、日本テレビのアナウンス部門の選考は、Webエントリーが2016年12月5日~2017年1月10日で、現在「2018年度新卒採用 アナウンス部門」の採用サイトには「たくさんのご応募ありがとうございました」と、締め切りを伝えている。

「やっぱり何らかのコネがないと難しいのかな」

   就活に詳しい大学ジャーナリストの石渡嶺司氏によると、テレビ局アナの採用試験で大学3年生の時点で「内定」が出ることは珍しくないという。「これまでもありましたし、芸能人だからとか、そういったこともないと思います」と話す。

   「大学3年生になると、アナウンサー志望の学生は各テレビ局が開く『アナウンススクール』や『アナウンサー講座』に参加するようになります。いわば、それが実質的な第1次選考です。アナウンサーは養成に手間も時間もかかりますから、早めに内定を出して、発声練習などの基礎的なことは、日テレに限らず、どのテレビ局も入社前に身につけておいてもらっています」という。

   「もちろん、就職協定を守ることは前提です」としながらも、「(このことで)大学側が目くじらを立てるようには思えません」と、どうやら「暗黙の了解」の可能性があるようだ。

 

   アナウンサー志望の、ある女子学生は「局アナの内定が早いことは聞いています。ただ、それでなくても狭き門であることを思うと、やっぱり何らかのコネがないと難しいのかな、気が引けてしまうな、と感じました」と漏らす。

   一方、J‐CASTニュースは2017年2月3日、取材のため、日本テレビに何度か電話を入れたが、受付が「広報担当者が不在なのか、つながりません」と応答するだけだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中