2018年 11月 14日 (水)

スマホかざして残留農薬の有無調べる 独研究機関が解析アプリを開発

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   スマートフォン(スマホ)のカメラとディスプレーをかざすだけで、対象物の中身や成分がわかる解析アプリ「HawkSpex mobile」を開発したと、独フラウンホーファー研究機構の研究者らが発表した。

   非常に単純な仕組みのため、複雑な成分分析はできないが、リンゴに残留農薬が含まれているか、コーヒーにどの程度のカフェインが含まれているか、といったレベルの分析にはすでに成功している。

  • 写真を撮っているわけではなく成分分析中です © Photo Fraunhofer IFF
    写真を撮っているわけではなく成分分析中です © Photo Fraunhofer IFF

特別なカメラや道具は必要なし

   通常、成分分析ではハイパースペクトルカメラと呼ばれる特殊な機器を使い、さまざまな波長の光を物に当て、反射してくる光の強さなどをもとに対象物に存在する成分を調べている。

   スマホにはそのような高性能なカメラは搭載されていないが、「HawkSpex mobile」はスマホのディスプレー(タッチパネルの部分)が特定の波長の光で発光するように調節し、その反射をスマホに搭載されたカメラを通して読み取り、簡易的なハイパースペクトルカメラのように機能させることができる。

   同研究所の報道発表では、現在アプリによる物体の測定結果を最終確認しており、2017年度末には一般販売する予定としている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中